CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

振動がほとんどないレクサスLS460

投稿日:


レクサスLS400(日本名トヨタ・セルシオ)が登場した際のテレビCMです。
「230km/h相当で走っても、揺るがすものは何もない」というキャッチコピー。
シャンパンタワーをボンネットに組み立て、シャシーダイナモでエンジンを回すんです。
要は振動がほとんどない、ということを伝えたかったんですねっ。
lexusLS460.jpg
1989年のレクサスLSが出来たなら現行型はどうだろう?って思い立った人が居たようです。
まずは2段組からチャレンジ。エンジンは5000rpmまで回したようです。

さすがに3段組は失敗してしまいました。

でも・・・、突っ込みたくなることもあるんです。
レクサスLS400のテレビCMでは、ちゃんとボンネットが平行であるように調整されています。
チャレンジしたLSオーナー、この点をちゃんと再現していないんですよねぇ(笑)。
是非、再チャレンジして貰いたいものです。
味がないとか、運転している感に乏しいとか言われますけど、凄いNHV性能です。
3月20日午後10:58更新
そんなこんなで、ちゃんとボンネットが平行になるようにセッティングし、
1990年式LS400と現行LS460でテストした人がYouTubeに動画をアップしました。

レクサスへの愛を感じます。
Our View
When Lexus introduced LS400 back in 1989, there was a TV commercial featuring
LS400 and tower of champagne glasses.After 12 years, an Arizona Lexus owner
decided to recreate that clip using his LS 460.
What this owner didn’t recreate is that LS460 sits as it is.
Back in 1989, Lexus placed LS400 on an angle so that they get flat surface on the
bonnet. Hopefully, an Arizona owner will try again with same conditions!
Updated 20th March 10:58PM
There was a new video of which they leveled the car’s bonnet to be flat.
In both 1990 LS400 and current LS460 have been tested and succeeded!
I feel their love in Lexus, really.

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日産GT-Rでスキーに行って悪いか?

以前、フリー・スキーヤーのジョン・オルソンがランボルギーニ・ガヤルドやムルシエラゴを 雪山仕様にしていることをお伝えしました。もったいなくって・・・、フツーでは成せない業です。 ナンバープレートが「モ …

no image

セルビアでのひとコマがテレビCMのよう

旧型シトロンC5なんですが、反対車線を走行しています。 はい、泥酔状態で中年男性が運転していました。 とにかくUターンさせて逆走状態をやめさせようと、警官は説き伏せます。 っで、素直に従ったように思え …

no image

ジュネーブ三昧ですが・・・

最近、どこのサイトを覗いても、ジュネーブモーターショーの話ばかり。 それは以前に取り上げているので、あえて触れない。 っで、今回何を見つけたかと言えば、You Tubeに置いてあった物凄い映像だ。 ル …

アストンマーティンに「カーボンブラック」追加予定

世界不況でちょっと静かになったように感じられる、アストンマーティン。 久々にニュースです。はい、カーボンブラック仕上げのモデルが投入されます。 V12ヴァンテージとDBSに設定され、カーボンブラック塗 …

VWシロッコの理想系はカナダにあった!

VWシロッコの素晴らしさは、エコとスポーツの両立を図っていることだと多くの人が言っています。 たしかにCO2排出量も少ないですし、車重は軽めに抑えられています。 ライトウェイトとしての楽しさはあるでし …

自動車王国通販部

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー