CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

トヨタ・モータースポーツGmbHは順調?

投稿日:

00-a_world_of_opportunities-all_under_one_roof.jpg
01-wind_tunnel-support_services_02.jpg
トヨタによるF1撤退後、トヨタ・モータースポーツGmbHがどうなっているか、
誰も気に留めていないと思います・・・。トヨタのIR情報を見ても、何も触れられていません・・・。
トヨタ・モータースポーツのホームページには、1年を振り返ったリポートが掲載されています。
それが随分、前向きな内容でちょっとスポットライトを当ててみたくなります。
F1撤退に伴って辞めた人もいるでしょうが、技術コンサルティング会社として存続しています。
抜粋すると・・・今年の財務諸表は目標達成、外部取引の拡大、多くの部署が高稼働状態、
ピレリへF1タイヤ開発用車両の提供、ドイツの電気自動車メーカーである「e-WOLF」への
技術提供、そしてトヨタ・モータースポーツ・コーポレーションとの連携強化・・・だそうです。
気になるのは、F1技術で培ったノウハウの転用は自動車技術に限らないんですって。
ただ、具体的にどれだけ利益が出たのかは公開されていません。
トヨタ本社へのアピールなのか、本当にトヨタ・モータースポーツGmbHの役割が重要なのか・・・。
Our View
One would imagine the shutdown of Toyota’s Formula One program to have resulted in
a mass layoff of the team’s personnel… Well it didn’t. While some may have gone their
separate ways, others have been hired; and despite the essential absence of an actual
F1 program, Toyota Motorsport GmbH is still alive and keeping plenty busy.
TMG remade itself into an engineering consulting business. Preparing test cars for Pirelli’s new contract to supply F1 tires has been one and developing brand new
electric supercar with e-WOLF is another. But according to a report from TMG,
it says “has proved that F1 skills and technologies could be easily transfered to
non-motorsport applications” as well…. interesting.
But TMG has not released specific numbers for the fiscal year.
Are they trying to persuade Toyota not to shut down TMG or are they really doing well?

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

M・ベンツが新型SLの裸体をチラ見せ中

年明けのデトロイト・モーターショーでデビューすると噂されているのが、次期M・ベンツSLです。日本の都心部ではフツーに走っていますから単なる”M・ベンツ車”と思ってしまいがちです …

アメリカはナンでもカンでも0-400m競争

バケット掘削機って、呼ぶんでしょうか? ユンボとショベルカーが一緒で、「バックホー」って英語で呼ばれています。 そんな工作機械のエンジンを、1300psにパワーアップさせたみたいです。 いやぁ、なんと …

これはアメリカ政府の横暴ではないのか?

つい先ほど、トヨタ自動車の豊田章男社長が下院公聴会へ正式に招聘されました。 昨日の記者会見では「訪米予定はなく、北米担当者に任せる」趣旨の回答をしていました。 これは至極真っ当な対応で、むしろ批判した …

2000万円のウルトラスーパーカーっ!

ありゃっ!エンツォが海に浮かんでいる?って思った管理人ですが、違います。「シーライオン」(つまりはアシカ)という名の水陸両用車が売り出されているんです。値段は25万ドルですから、日本円で約2000万円 …

幼稚園児に語りかけるようなトヨタの試み

トヨタ車暴走問題以降、きっと色んな問い合わせが殺到しているんでしょうね。 トヨタ・アメリカのホームページでは、エンジン回転数の上昇について”お知らせ”が・・・。 車社会アメリカ …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー