CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip スクープ へぇ 爆笑

幼稚園児に語りかけるようなトヨタの試み

投稿日:

toyota.JPG
トヨタ車暴走問題以降、きっと色んな問い合わせが殺到しているんでしょうね。
トヨタ・アメリカのホームページでは、エンジン回転数の上昇について”お知らせ”が・・・。
車社会アメリカにおいても、このような情報を掲載しないといけないなんて驚きます。
車がどんどんメンテナンスフリー化し、壊れにくくなっていくので、ユーザーの車に対する
知識がどんどんなくなってきているのかもしれませんね。
「車はなぜこれをするか?」という題目で色々書いてあります。
‘冷間始動時の高回転アイドリング:
エンジンが冷えているときは、アイドリング時にはエンジン回転数が自動的に高めに設定され
エンジンのウォームアップを図っています。
変速時:
ゆっくりのスピードから加速する際、ドライバーは瞬間的にエンジンが停止したように
感じることがあります。これはトランスミッションがシフトダウンするからで、
続いてエンジン回転数が高くなったように感じることがあります。
キャタライザー・プロテクション:
MT車の一部では5速-6速間のシフトチェンジ時、アイドリングより高めのエンジン回転数を
瞬間的にコンピューターがキープさせることがあります。これはキャタライザーの
寿命を延ばすための策です。
エアコン使用時の高アイドリング:
エンジンパワーを使用するエアコン・コンプレッサーをもつ車両は、コンプレッサー駆動時には
アイドリングが若干高めになることがあります。コンプレッサー駆動によりエンジンに掛かる
負荷が大きく、エンジンのストールを防ぐためにアイドリングが高くなることがあります。
パワーステアリングによる高アイドリング:
エンジンパワーを使用するパワーステアリング機構搭載車は、停車時のステアリング操作に
おいてアイドリングが高めになることがあります。これは通常のことで、パワーステアリング
ポンプを駆動させるための負荷によってエンジンがストールする恐れを防ぐためです。
日本では「ドアミラーが左右同じスピードで格納されない」ってクレームがあったり、
知り合いの中古車販売店では「ターボは何回使えます?」って質問があった、と聞きます(笑)。

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, スクープ, へぇ, 爆笑

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ルノーラグナクーペ誕生

詳しくはコチラ

復活したフェラーリ・エンツォは最速記録樹立

以前、自動車王国でお届けした「復活したエンツォ」の続報です。 元は事故車両ですが、ツインターボチャージャーを搭載して見事に復活! ニュースをお届けした時点から世界最速記録樹立をもくろんでいたのですが、 …

次期BMW M5のニュル走行を激写!

結構、出回っていたんです、BMW M5のスクープ写真は。 カモフラージュの隙間から、単なる5シリーズでない雰囲気が出ています。 でも、あまりに分かりにくかったので、あえて取り上げてきませんでした。 し …

続報!ゲンバラ、消息不明ではなかった

昨日お伝えした、有名ポルシェチューナー、ウーヴェ・ゲンバラ消息不明の続報です。 世界中の車サイトで騒ぎになっていて、ドイツ筋が新たな情報を発信しています。 インターネット時代、本当に情報のスピードが速 …

アメックス専用ポルシェ911カレラS

かつて世界中の美術品、不動産を買い漁れるだけのパワーがあった日本・・・。 しかし、平成のバブル崩壊から、そんな頃が嘘のように景気は衰退しています。 平成バブル期から景気が持ち直すまで「失われた10年」 …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー