CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

続報!ゲンバラ、消息不明ではなかった

投稿日:

uwegemb.jpg
昨日お伝えした、有名ポルシェチューナー、ウーヴェ・ゲンバラ消息不明の続報です。
世界中の車サイトで騒ぎになっていて、ドイツ筋が新たな情報を発信しています。
インターネット時代、本当に情報のスピードが速いとつくづく感じさせられます。
誤報、プロパガンダ、情報操作もありそうですが・・・。
img03pop.jpg
なんでもゲンバラ本社、ドイツ政府当局によって差し押さえられているそうです。
消息不明=事件ではなく、雲隠れてしている、というのが本当のところのようです。
現在、ゲンバラの工場に入っている車(整備やチューニング)も差し押さえられていて、
オーナーは真の所有者である証明書をもって返還請求するように言われているとか。
以下、担当者の身勝手な憶測です。
脱税?
付加価値商売ですから、すべてが(仕入も販売も)言い値ですからねぇ。
しかも第三者機関による適正査定がしにくいですもんねぇ。

脱税幇助?
そりゃもー、お客様の要望でいかようにでも対応するでしょうねぇ。
ベラボーな販売価格を提示してあげて、お客様は経費計上しつつ裏でキャッシュバック!
ゲンバラ自体はブローカー挟んでコミッション支払いで売上は軽減できますし。

破産?
リーマンショック、ドバイショックのダブルパンチで銀行融資が引き揚げられたとか。
でも、それで雲隠れするかなぁ・・・。

資金洗浄?
ゲンバラを買って、ゲンバラに下取りとして売ったカタチにすれば
裏の金を表にすることはできるでしょう。でも、比較的新しめの車のチューニングですからねぇ、
そんなに膨大な金額は動かせないでしょう。
それだったらクラシックカーのほうが容易に億単位で値段つけられますしねぇ。

引き続き、ゲンバラ事件、フォローしていきます。

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

続報!ピニンファリーナの新生ストラトス

ピニンファリーナが発注を受け、製作したのが新生ストラトス。 とりあえず現段階では、ワンオフモデルという位置づけなのは既にお届けした通りです。 っで、現在出回っているのが「発注」したオーナー側からの写真 …

SAVE THE EARTH

アメリカのホンダと広告代理店ルービン・ポスターが訴えられているそうです。 70年代のシビックから、現在に至るまでのシビックを見せるCMで、 登場人物が「Save the Earth」(地球を救え)とい …

ほとんど人種差別のカーナビ・ボイス操作?!

ボンジュール!カタカタで書くと容易ですけど、発音するのは意外と難しいです。 うーとか、ヴーとか、口の上部に下を当てるような「R」の発音とか・・・。 まぁ、フランス人にとって適切な英語の発音をするのも難 …

no image

世界のお金持ちは・・・

ランボルギーニレベントンを買うだけでも大変なのに・・・。 このオーナー、ちゃんと最高速チャレンジをしています。 メーター読み、356km/hだそうです(笑)。

no image

トランスフォーマーズ3にシーンのパクり疑惑

世界的に車離れが進んでいる、と言われ始めているものの車映画が売れているのも 面白い事実なんです。ワイルド・スピードも5作目が欧米では放映され、 ユニバーサル・スタジオのメガヒット作となっています。 ボ …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー