CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

昭和天皇のロールスロイス?

投稿日:

show-prewarcar.jpg
昨年9月の話題でスイマセン。
つい、スペイン国王の御料車で盛り上がって色々検索していたら、気になってしまって・・・。
昨年9月、昭和天皇(当時、皇太子)がお乗りになっていたロールスロイス、
「シルバーゴースト」がイギリスで発見され、販売されたようなんです。
roll3_t_mw390_mh250__t_mw390_mh250.jpg
roll5__t_mw390_mh250__t_mw390_mh250.jpg
車と一緒に納められていたのは、ロールスロイス社が発行した13Pに渡る仕様書。
そこに「Prince Regent」と記載されていたそうです。
また、ロールスロイス・エンスージアスツ・クラブ(本拠地イギリス)に収められている昭和天皇に
まつわるロールスロイスの資料と照らし合わせ、シャシー番号58YGであることを確認。
(コーチワークはHOOPERが担当)
1921年、昭和天皇がイギリスを訪問した際にオーダーした、と見られています。
そして1922年、英国皇太子が来日した際、納車されたようです。
最初の写真は昭和天皇が台湾訪問した際、そのシルバーゴーストにお乗りになった写真です。
roll2_t_mw390_mh250__t_mw390_mh250.jpg
っで、物凄く気になるのは「セール・フレーザー商会」の存在。
創業メンバーの一人「E.W.Frazar」も興味が沸く存在です。
あっ、白洲次郎も取締役として在籍した会社なんです。
どんな会社なのか、調べれば調べるほど謎が深まります。
そもそもはフォードの輸入代理店だったようですけど・・・、単なる商社ではなさそう。
国債の引き受け額も、半端なかったようですし。
当時は国(イギリス?アメリカ?)の出先機関と考えても、おかしくないかもしれませんね。
現在はPTI Japanとして活動しています。
ただ、2000年にMBOされているので、もはやフレーザー商会時代の名残はないでしょう。
以下、抜粋:http://www.ipros.jp/company/238544/
ピィ・ティ・アイ・ジャパン株式会社は、1859年「フレーザー商会」として長崎で創業した
日本で最初の外資系貿易商社です。路面電車、蒸気機関車、T型フォード、
蓄音機などを日本に紹介してきました。今日、ピィ・ティ・アイ・ジャパンはユーロサーム社製品をはじめ、
高度な専門知識を必要とする特殊工業品の輸出入を事業の基盤としております。

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フェラーリの新型モデルはFFという名の4WD

フェラーリ612スカリエッティの後継車が、本日公開されました。 「FF」という名の4WDモデルです。いわゆるひとつの・・・、シューティングブレークですね。 フェラーリ社のデザイン責任者、フラビオ・マン …

フランス白蛇ベントレー・コンチネンタルGT

ロシア最強の防弾SUV、「ダーツ・プロンブロン」をベースに改造した「レッド・ダイアモンド」です。 モナコの大金持ちフェアでセンセーショナルでデビューを飾りました。 何が凄いって、クジラのペニスの革をイ …

ポルシェパナメーラのインテリア写真流出

ポルシェパナメーラは、登場が待ち望まれているポルシェの4ドアセダンです。 しかし、金融大恐慌が来ている最中、大丈夫なんでしょうか。 ちなみに写真のネタ元はXcar.com.cnとありますから、中国の「 …

no image

レクサスGX問題、アメリカでの反応は?

「アメリカにおけるトヨタの新たな火種」というタイトルでお届けした、 レクサスGX問題。「横転の危険性がある」とコンシューマーリポートが指摘した話題の続報です。 アメリカの主要自動車サイトを覗いてみたん …

次期M・ベンツSLクラス開発進行中

そろそろフルモデルチェンジのタイミングに来ている、M・ベンツSLクラス。 ちょろちょろ、情報が流れています。 インテリア、エアコン吹き出し口やメーターパネルなどが新型モデルを感じさせます。 それにして …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー