CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

アウディA6がマイナーチェンジ

投稿日:

新エンジンはダウンサイジングでもパワフル

アウディブランドの中核となるA6/A6アバントは、いわゆる欧州Eセグメントに属するモデルで、M・ベンツEクラスやBMW5シリーズが直接のライバルである。国産車で言えば、トヨタクラウンや日産フーガあたりのクラスだと思えばいい。アッパーミドルサイズの高級車、ということで、日本市場における人気ではライバルたちに一歩譲るものの、欧州市場ではセグメントトップの支持を誇っている。そんなA6が定例のマイナーチェンジをうけた。スタイリングの小変更と新しいV6エンジン搭載が主なニュースである。


まず外観では、フロントとリアの表情が変わった。フロントマスクでは、LEDのポジションライトをちりばめたヘッドライトと、迫力を増したシングルフレームグリル、そして両サイドの立派なエアベント(グリル)が新しい。リアは特にセダンの雰囲気が変わった。新しいA4と同系統のデザインとなって、フルLEDのリアランプが与えられている。トランクリッドも少しつまみ上げられた。空力を意識したデザインだ。
スタイリングに比べて、インテリアの変更点は少なめ。スイッチ類をクロームの新デザインとしたほか、インフォメーションディスプレイの解像度を上げて見やすくしたこと、そしてリアシートヘッドレストの形状を変更し視界を良好にしたこと、あたりが目立つ程度。もっとも、それだけもともとのインテリアの完成度が高く、ユーザーからの不満も少なかったということだと思われる。確かに、全体的にみれば決して新鮮みを失ってはおらず、現時点でも同クラスにおいて、高級な部類に属する内装だと思う。少なくとも、直接のライバルたちよりは上手だ。
内外装の変更点以外では、新エンジン搭載に注目しておきたい。3l直噴スーパーチャージャーの3.0TFSIエンジンである。このエンジン、最大トルクは4.2lV8並みながら、環境スペックでは従来の3.2lV6以下を誇るというもの。最新のVW/アウディにおけるダウンサイジングコンセプトに基づいている。この新エンジンに組み合わされるのは、最新式のクワトロシステム(通常時に前40:後60の前後非対称なトルク配分とした)と、6速ティプトロニックオートマチックトランスミッションである。
V8自然吸気エンジン並みのトルクを誇るとアウディが言うだけあって、なかなか力強い加速をみせる。スーパーチャージャーがごく自然に利いているので、期待したほどの迫力こそないものの、確かに俊足だ。追い越し加速時における胸を空く気持ちよさも、そこらへんの凡庸なV6エンジンにはないもの。直噴エンジンに特有だが、低回転域でのエンジンフィールが少々がさつ。もう少し洗練さが欲しい。まわしてしまえばスムースで反応もよく、なるほどアッパークラスのサルーン&ワゴンにお似合いで、ここはスーパーチャージャーを選んで正解だった。これだけのパフォーマンスを得て、なおかつ燃費も優秀ということであれば文句はない。
アウディの得意科目である高速クルージング性能にも磨きがかかっている。80km/h前後の国内高速常用域で、直進状態におけるステアリングフィールにやや甘さが出るのが玉にきずだけれども、それを超える領域では正に路面に吸い付くようなスタビリティの高さをみせた。これで、一般道における乗り味に、最新A4のようなシャープで懐の深い切れ味が加わると天下一品のサルーン&ワゴンになると思うのだが・・・。そこは次世代モデルに期待ということだろう。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

グランセニック試乗会パート1

ルノーの新型モノスペースモデルを試乗 グラン セニックは、メガーヌベースのモノスペースモデル。このカテゴリー、ヨーロッパでは日本の5ナンバーミニバンのようなウケ方をしている。シトロエンクサラピカソやオ …

排気ガスがまったく出ない環境に優しいバス

水素バスがアメリカで初めて納車 アメリカ・フロリダ州にあるオーランド空港に、そして市内の中心部に水素バスがお目見えしました。フォードが作ったもので、6.8L V10エンジンを搭載している「E-450」 …

no image

フランクフルト私的ベスト10

独断と偏見で選んでみました! Part2 前回に引き続き、フランクフルトモーターショーでボクが選んだベスト10の続きです。こうして見ると、やっぱりモーターショーはいいものですね。今月は東京モーターショ …

no image

カタチも乗り味も新しい三菱アイ

動き出してスグに違いが感じられる リアミッドシップレイアウトってコンセプトは、実は’90年代にはあったそうな。サイズの小さな軽自動車の場合、前にエンジンがあるとどうしても前方の衝突安全性能 …

no image

全部乗って判ったGSベストバイ

GS主要グレードにイッキ乗り さあ、みなさんおまちかね(だよね??)、注目のGS試乗記です。

自動車王国通販部

自動車王国通販部

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー