CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

三菱ギャランフォルティススポーツバック

投稿日:

手頃なサイズ、実用的なハッチ、そして高性能。3拍子揃う

ギャランフォルティスそのものは、’07年半ばにデビューしたコンパクト/ミディアムサイズの4ドアサルーンだ。そもそも北米など海外マーケットでは”ランサー”として販売されており、ギャランフォルティスは日本市場専用名。ランサーエボリューションXのベース車もギャランフォルティスということになる。その5ドアバージョンとして’08年12月に加わったのがスポーツバック。日本市場ではなぜか不人気な5ドアハッチバックセダンだが、ヨーロッパ市場ではセダン感覚でスポーティなワゴン、もしくはセダン以上ワゴン以下のほどよい実用車として人気のカテゴリーである。


グレードは3種類。セダンとは異なるグレード展開で、ベースモデルから順にツーリング/スポーツ/ラリーアートとなる。ツーリングとスポーツにはCVTが組み合わされ、FFと4WDを用意。セダンに用意されていた5MT仕様の設定はない。ランエボに近いイメージをもつ最強グレードのラリーアートは、セダンと同様に2lMIVECシングルスクロールインタークーラー付きターボ+ツインクラッチSST+4WDという仕様だ。ちなみに、スポーツバックの顔付きは全てセダンのラリーアートと同じ。大きなグリルが特徴である。
フォルティス系に用意されたラリーアートというグレードは、ランエボまでのハイパフォーマンスは要らないけれども、昔で言う所の”VR−4″レベルの高性能は欲しい、というユーザーにぴったりなチョイスだ。エンジンパワーこそ240psとランエボの300psオーバーに比べると控えめ(それでも昔のVR−4と同等レベルだ)ながら、2ペダル6速ツインクラッチシステムSSTや前後LSD、ACD(アクティブセンターデファレンシャル)、ダクト入りアルミボンネットフードなど走りに関わる機能装備は充実している。
もちろん、5ドアハッチバックとしての機能性の高さにも注目しておきたい。後席は6:4分割可倒式で、背もたれを倒せば大きな荷物の収納も可能。ノーマル時でも十分な積載容量を確保し、2段目のラゲッジフロアを使えば345lを確保する(ツーリング/スポーツ)。ラリーアートのシートは専用スウェード調クロスでロゴが入る。HDDナビゲーションシステムやロックフォズゲートスピーカーシステムなどは全グレードにオプション設定されている。
ラリーアートに試乗した。ギャラン伝統の逆スラントしたノーズとボリュウムのあるリアセクションの取り合わせが独特の存在感をあたりに放っている。サルーンモデルよりむしろまとまりがいいように思う。ランエボゆずりの迫力ある顔立ちも、三菱の高性能車をアピールするにふさわしい。乗り込めば、ランエボやギャランフォルティスでお馴染みの光景が広がっていた。セダンと異なり、インテリアの色調はブラック系のみ。T字形で左右に張りのあるダッシュボードとスポーティな演出のメーターナセルが特徴だ。
エンジンをかけてもランエボのようにがつがつとした感じを受けない。振動、ノイズともに抑えられ、高性能グレードであることをひけらかさないのだ。オトナのGTカーといった第一印象である。SSTのシームレスな加速フィールは、相変わらず秀逸。心地よい節度のパドルシフトと相まって、今もっとも新しいミッションの1つとして納得のレベルに達している。ランエボ慣れした体にはひょっとして物足りないかもと思われたパワーフィールも上々。中間加速にはターボ独特ののけぞるような力強さもあって、フツウはこれで十分以上といったパフォーマンスだ。
もちろん、乗り心地も悪くない。ランエボ同様に身のぎっしり詰まった凝縮感を味わいながら、小気味のいいライドフィールをみせる。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

プジョー新型407クーペに乗った

ディーゼルは日本導入しないの? 407クーペねえ。実はボク、406クーペに乗ってたんですよ。ピニンファリーナのやつ。しかも限定車。あれはホント、良かった。マニュアルでギア比が日本の街にまったく合ってい …

no image

新型ミニコンバーチブル極寒での試乗会

毎日オープン、どこでもオープン、のノリで楽しもう 2月の第一週に訪れたオーストリア、飛行機から降り立つと雪だった。にも関わらず、現場のスタッフに悲壮感はない。むしろ、この状況にあって”も笑 …

no image

日産フェアレディZマイチェンPart3

エンジニアとの同乗試乗をしました 日産リバイバルの象徴として華々しくデビューを飾り、確実な進化を遂げているフェアレディZだが、そろそろ次期型の噂も聞こえてきた。一体、どんなクルマへと生まれ変わるのでし …

no image

悲願のディーゼル再導入、M・ベンツML350ブルーテック

欧州最新ディーゼルターボ車の実力のほどは、M・ベンツの”努力”もあって、徐々にではあるけれど日本でも認められつつある。長距離移動での驚異的な燃費のみならず、街乗りでも案外良かっ …

メガシャーデン、ドローゲンパーティ、BMW

「メガシャーデン バイ BMW ナフ ドローゲンパーティ」というドイツBILDの記事タイトルに、心がときめきました。なんかおどろおどろしい響きで気になり、調べてみました。なんせ「メガ」と「パーティ」と …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー