CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice

乗ったぜ!チンチン!!チンクェント!!!

投稿日:2007年7月9日 更新日:

7月4日、夜10時半。トリノの街中が大興奮です!ついに、新しいフィアット500が町を走り始めました。イタリア中が大盛り上がりでしたが、やっぱりお膝元トリノは別格の盛況ぶり。トリネーゼが熱い視線を注ぎまくる中、新しいチンクェチェントに早速、乗ってみました。
新型チンクェチェントがポー川の上空を舞うと、7000人以上の観客が一斉に盛大な拍手で誕生を祝います。グランドスタンドの目の前で、何千発もの花火が打ち上げられ、人々は熱狂の渦へ。その夜はノッテ・ビアンカ、朝までみんな大騒ぎ・・・。
ポー川を舞う新型500

翌朝。イベントの興奮をひきずったまま、オリンピックスタジアムで開催される発表試乗会へ。カンファレンスには世界中から1000人のジャーナリストが集まって、フィアットブランドの若きカポ=ボス、デ・メオの自信満々のプレゼンテーションに聞き入ります。チンクェチェントは新しいフィアットの象徴だ!
フィアットブランド社長の、ルカ・デ・メオ

シャシーがどうの、剛性がどうの、パフォーマンスがどうの、といったお決まりの解説なんてありません。フィアットアウトのビッグボス、マルキオンネが子供達とクルマの今と未来について語り合うビデオが流され、会場のジャーナリストから携帯電話のSMSで送られたメッセージが次から次へとメインスクリーンに映し出されます。
スタジアム内でスタンバイする試乗車

値段は、10500〜14500ユーロ。1.2Lと1.4Lのガソリンエンジン+1.3Lマルチジェットディーゼルエンジンが用意され、ガソリンエンジンにはMTの他デュアロジックも。ちなみに、日本ではまず、今秋の東京モーターショーでお披露目され、年明け早々には走り出す予定です。最初に導入されるのは、1.2のデュアロジック。そのあと、1.4やMT仕様だとか。
2と1.4のMTに乗ってみました。素直な感想を言うと、ベースのパンダ同様に、よくできたコンパクトカー、でしたね。BMWミニほど乗って個性があるわけじゃないけれど、その分フツーに扱えたというか。パンダの良いところがスポイルされていなかったので、まずはひと安心。
パンダより、いくらか静かな感じ。乗り心地も、15インチ、16インチ両仕様ともにはっきりとソフトで、最初はビミョーな心地だったのがだんだんと馴染んでいきます。石畳もへっちゃら。
とにかく乗ってフツーだから万人向け

町中を気軽に流すなら、1.4です。グラプンのエンジンですね。100HP。低速トルクがちゃんとあるから、割とずぼらに運転できる。1.2も性能的には十分なんですが、ギアを常に適切に選んで走らなきゃいけない。MT好きにはたまらんでしょうけれど。
それにしても驚くのは、トリノ人のクルマ好きっぷり。どこへ停めても、あっという間に黒山の人だかり。しかも、じっと見るだけじゃすまないんです。こっちが撮影中だろうが何だろうがおかまいなしに、ドアを開けて、中に座って、あれこれ弄り回して、おまけにボンネットもトランクも開けて、総チェック。んもう、ディーラーじゃないんだから!
どこへ行ってもこのとおりの人気者!

みんな、チンクが大好き、クルマが大好き、なんですね。何だかうらやましかったなあ。
ヨーロッパ中から集まった昔の500たち

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

一週間の振り返りPart2

5日; ジローラモさん、ありがと、またね! カーセンサーで連載していたジロさん。無事、連載が終了し、オープンしたばかりの彼のリストランテ”ジロモンド”で打ち上げ。旨いよ、手打ちパスタと魚料理と野菜が! …

俺たちのミッレミリアPART1

順調すぎるときこそ、覚悟を忘れるな、である。 好事魔多し、とよくいうが、べつだん目出たくも良くもないが順調といった流れのときでも、魔はいたるところに潜んでいるものだ。 その日の夕方、ルボランY編集長と …

no image

ドライブ!ドライブ!ドライブ!その2

7月初旬には、イタリアで“ドライブ”。ええやろ。新型フィアット500をテストドライブした翌日、1日だけ休みをとって、同業の河口まなぶ君と一緒にというオトコ2人ってのがなんかイマイチやけど、トリノからバ …

no image

驚くべき性能?!

ベストカー誌で、シビックタイプRとの乗り心地比較(12/ 26発売号)をこなし、無事2000kmも超えたということで・・・。 アメリカからこのためだけにわざわざやってきてくれたedmunds.comの …

Cクラス

あたらしいCクラスが発表されました。 以前、C200に乗っていたのですごく気になる。 E240に乗って分かったことは、やっぱりE240は笑いのネタにしかならんということでしょうか。 事実ですけど、無理 …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー