CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report エコカー最前線

ハイブリッドも、そうでないクルマも進化中

投稿日:

省エネであることが低燃費につながる

ハイブリッドカーに採用されている技術はすべてが専用開発されたもの、というわけではありません。従来の内燃式エンジン搭載車で培った技術、そしてハイブリッドカー専用に開発した技術、両方を盛り込んでいます。そこでハイブリッドカーを支える省エネのポイントを見てみましょう。

まずハイブリッドカーには、アイドリングストップ機構が採用されています。ハイブリッドカーの動力源である内燃式エンジンと電気モーターは、ドライバーのアクセル踏み込み量に応じて、いずれかを稼動させたり、両方を稼動させたりしてくれます。しかもバッテリーに残量があるかぎり、ハイブリッドカーが停車すると内燃式エンジンはアイドリングストップします。だから燃料消費量が少なくて済み、環境に優しいといわれているのです。

世界を凌駕させたプリウスは誕生から10年。

世界を凌駕させたプリウスは誕生から10年。

当初は赤字覚悟のプロジェクトだったと噂されているが、今ではちゃんと利益をもたらすクルマに成長した。215万円で登場したのは「21世紀にGO」という意味だったともいわれている。

昨年登場した2代目ホンダシビックハイブリッド。

昨年登場した2代目ホンダシビックハイブリッド。

トヨタのハイブリッド方式とは若干異なるものの、運転する楽しさを忘れていないクルマ作りにホンダ独自のDNAを感じさせる。今後は小型車でのハイブリッド展開が予定されている。

レクサスLS600h

レクサスLS600h

レクサスLS600hは燃費重視というよりも、V12エンジン並みの性能を兼ね備えていることがポイント。1000万円オーバーというプライスが掲げられているが、唯一無二のハイブリッド高級車になっているのは間違いない。

進化の余地がまだある内燃式エンジン車

レクサスLS600-hにおける制動・減速時のエネルギー回収模様。

そのほか、省エネにつながる特徴的な機構は電動パワーステアリングや、省エネタイプのエアコン、そして回生ブレーキでしょう。先の2つは従来のコンパクトカーから培った技術で、回生ブレーキは電車からヒントを得ているようですが、ハイブリッドカーで確立された技術でしょう。聞こえは難しいですが、要はブレーキング時におけるタイヤの回転を使って発電させているのです。従来のクルマでは、文字通り捨てていたエネルギーですから画期的ですよね。

では、従来のクルマに採用するとどうなるのでしょう?そんな発想を具現化してきたのが、BMWです。ドイツ本国で1シリーズがマイナーチェンジされたのを機に、ハイブリッドカーに採用されている一部技術を盛り込んできました。また、BMWグループであるMINIにも同様の変更を加えるとのことです。日本仕様車の詳細は発表されていませんが、ちょっと気になる話題です。

回生ブレーキの採用が目玉の新BMW1シリーズ。

回生ブレーキの採用が目玉の新BMW1シリーズ。

アイドリングストップ機構を装着するのはMT車で、ギアをニュートラルに入れると自動的にアイドリングストップする。発進時にギアに入れると、エンジンが始動する。

BMW1シリーズ同様のマイナーチェンジが施されるMINI。

BMW1シリーズ同様のマイナーチェンジが施されるMINI。

こちらも日本仕様の詳細は決まっていない。日本未導入のディーゼルモデルの燃費(市街地・高速混合)は21km/lから24km/lへと向上し、CO2排出量も削減。

地球温暖化が叫ばれる昨今、なにかとハイブリッドカーや燃料電池車がもてはやされる時代ですが、従来の内燃式エンジン搭載車もまだまだ進化の余地がある、ということを感じさせる話題でした。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, エコカー最前線

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

期待のハイブリッド・スポーティカー、ホンダCR-Z

個性はハイブリッド+MTの軽快さ いよいよエンジン+モーターのハイブリッドシステムがスポーツタイプに搭載される時代がやってきた。CR-Z(シー・アール・ズィー)はホンダインサイトなどと同じ仕組みのホン …

no image

新型MLはオフローダー Part2

M・ベンツらしさを得た実力派 前後とも新しいサスペンションが装備されましたが、どんな凸凹道やぬかるみでも立ち往生しないよう、新たに4ESPを採用。これが、グラチェロの電子切替デフ”クォドラ …

カーボンサブフレームは量産化されるか?

2010年にはZF社のカーボンマクファーソンストラット、2013年にはZF社とLevant Power社(現在、Clear Motion社)が共同開発した回生サスペンション・・・、管理人はメカに弱いの …

no image

ボルボの安全研究施設視察

クラッシュテストに参加した ボルボといえば”安全”である。受動安全性には不安のあるカブリオレにおいて、ボルボはその安全性をどのように確保しているのか。そのことを確かめるために、 …

アメリカの事故車はロシアに行く?!

YouTubeでちょっと気になる鈑金職人のチャンネルを見つけました。彼の名はアルトゥール・チュシックでロシア人です。ただひたすら色んな車両の鈑金模様をまとめた動画なんですが・・・、1本あたり10分以上 …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー