CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice

俺たちのミッレミリアPART4

投稿日:

「あと1時間もあるんだよなあ。」
気分は、ラウンジ備え付けの高級リゾート仲介雑誌に山ほど載っている陽光燦々と降り注いだバカでかいプール付きの家々からのあざ笑いでひと際、暗く沈みつつあった。そういえば、我々以外にあれから誰もラウンジに入ってこないし、よく見ればいつの間にかモニターのデパーチャーリストから、我々が載るはずのマドリッド便の表示が消えていた。
なぜだ??
事態の深刻さに気づかない、というよりむしろ、気づかないでいたい風情の我々は、できるだけ平静を装いつつも不思議な表情で、先刻のビジネスマンと視線を合わせた。彼もうすうす、のっぴきならない状況に陥りつつあると分かっていたのだった。もう一度、携帯電話を取り出すと、件のイベリコの知り合いに連絡を取り始めた。
この期に及んで私は、「このオッサン、ほんまに文句言うてたんやなあ」と、まるで人事に感心していた。電話を握る彼の顔がひきつっている。どうやら非常にまずい流れになってきたようだった。
「われわれの飛行機はキャンセルされたようだ。飛ばないよ」。
耳を疑った。聞き間違いかと思った。自分の英語力など中学生レベルにも至らないと思いたかった。どうやら春の休み前を狙ったイベリア航空のストらしい。
下唇を巻き上げて上目遣いに肩をすくめるスペインのビジネスマン。私も真似して肩をすくめてみた。肩凝りだな。人は、窮地に陥ったときに限って、全く関係のないことに考えが巡ってしまう。自己防衛の1つ、というわけだろう。
だからこそ、現実はこの上なく残酷だ。念のため、指定のゲートに向かうと、そこには人間が居た痕跡すらない。要するに、チェックインを、なぜだか分からぬが、済ませて中に入ったのは我々3人だけ、というわけだった。
道中の道は空いていたのも、スムースにチェックインできたのも、ビジネスラウンジに運良く入れたのも、全ては悪夢への一本道でしかなかったのだ。
この事態が意味することは何か?飛行機が飛ばないということは、別の手段を講じる必要があるのだが、振替えるにせよ何にせよ、他の乗客はチェックイン前にキャンセルを知らされているのだから、我々より先んじてしまっている。
暗澹たる気分になって、我々はもう一度、セキュリティチェックの外に出た。案の定、カウンター横にある空港運営のブースには、乗り損ねた人たちが山盛りとなって、怒号をあげていたのだった。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ヒコマロさん

しょせん人間ってもんは、食って寝て出してれば生きて行けるわけで、欲求もみんなそれに絡んでるわな。中でも、食うってのは、稼げていることを「食っていける」っていうぐらいやから、まあ、一番大事。TV番組表み …

no image

俺たちのミッレミリアPART9

最初のインターチェンジで、早くも道を間違えて、高速道路をおりてしまった。こうなると、いっきに不安が募る。運良く、行きたい道と並行に走る一般路におりたので、細かな道路標識に従っていけば、もう一度同じ高速 …

ドライブしました・・・

ヤボ用で東京から福島までドライブしました。 燃費・・・6.5km/lでした、高速道路で・・・。 つくづく嫌になります。 分不相応ってこのことです。 都心しか運転したくありません、ってそれも2.7km/ …

no image

なぜか、ムカツク。

政治や経済を討論する、とある番組にて。 Y氏「北海道では、出席停止にした子供たちを牧場に送るんです」 F氏「それはいいアイデアですね。ただ、東京ではその”牧場”を一から作らなきゃいけない」 Y氏(やや …

no image

俺たちのミッレミリアPART8

レンタルしたセアトアルテアは、もちろんマニュアルでディーゼルだった。こっちに異存はなかった。長い距離を走るといっても、ほとんど高速道路のはずだ。こきこき手こぎが、どれだけ辛いというのだ。今の我々の事態 …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー