CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

新型トヨタカムリはビッグセダン

投稿日:

日本よりも世界で愛されてきました

トヨタにとってカムリは、エスティマより大事なクルマです。最初はね、セリカの兄弟分やったんですよ。20年以上も前ですが、学生時代、ツウ好みのクルマとして人気でした。自動車部関係のやつらがよく乗っていたなあ。40歳前後世代には、実は響く名前だったりします。それが今やオーナー平均年齢55歳のクルマだなんて・・・。誰がそんなクルマにしてしまったのだーーーっ。


とはいえ、2代目からはFFのファミリィサルーンに大方向転換。グローバルモデルとして今や、世界8カ国で生産され100以上の国や地域で販売される、トヨタの屋台骨の1つにまで成長しています。
それだけに、チーフエンジニアの布施さん曰く、”海外マーケットでの失敗は絶対に許されないクルマ”というプレッシャーがあったんだとか。そりゃビビルよね。僕が企画担当だったら、間違いなくやりたくないクルマのうちの1台。bBとかやってるほうが楽しそうだもん!
世界中で愛されるカムリ。累計1000万台以上も売ってきたというのに、国内はほんのわずかしか売れなかった。市場規模でいうと、グローバル・カムリのたった2%だなんて、寂しいかぎり。
いいクルマだったんですよ、歴代のカムリ。特にグラシアのときのセダンと、先代モデルはよくできたサルーンでした。スタイルも悪くなかったし、何より日本の常用高速域でのはんなりした乗り味が他にない個性でしたから。
それでも売れなかった。まあ、世の中総ミニバン時代になっていたわけで、仕方ないだろうし、トヨタさんもそっちで大儲けしはったからいいんでしょうけど、セダン派にはなんとも複雑な成り行きです。
まあ、無事、フルモデルチェンジして日本でも売ってくれることに、まずは感謝。前出の布施さんもおっしゃってました。トヨタが真面目なセダンを育てておかないといけない、って。応援しますわ。
ポイントは3つ。
1:幅広くなったボディサイズ
2:若々しくなったインテリア
3:そしてリニュウアルされた2.4L直4エンジン1本としたこと
V6モデルやウィンダムは廃止。海外で売られる予定のレクサスESは兄弟車だが国内導入の予定はなし。ワイドカムリもナシ。というか、もう立派なビッグセダンです。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

悲願のディーゼル再導入、M・ベンツML350ブルーテック

欧州最新ディーゼルターボ車の実力のほどは、M・ベンツの”努力”もあって、徐々にではあるけれど日本でも認められつつある。長距離移動での驚異的な燃費のみならず、街乗りでも案外良かっ …

最新ディーゼルを積むEクラスステーションワゴン

無給油で東京~伊勢往復をこなす、ブルーテック セダンのように曲がりくねった高速道路を快適かつ高速に走れて、荷物をたくさん(場合によってはミニバンより実質的に多く)利便よく積めるステーションワゴンは、古 …

no image

スズキスプラッシュが遂に日本上陸

女性がターゲットというがボーイッシュな仕上がり 実を言うと、スプラッシュ、第一印象がとても良かった。初めて見たのは’08年の春、フィレンツェの郊外のスーパーストラーダを走っていたとき。&# …

no image

新型MLはオフローダー Part1

M・ベンツらしさも得た実力派 オフの王者Gクラスと違って、オンロード志向の強いSUVとして生まれたはずのMクラス。前作は、最後の方は良かったけれど、どうしてもトラックくささの抜け切らぬ、あかぬけないオ …

ピエヒ元VW会長は排ガス規制偽装を知っていた?!

日本ではさほど騒がれなくなりましたが、VWのディーゼル車における排ガス規制偽装の続報です。昨日ドイツのDer Spiegelが、フェルディナント・ピエヒ元会長(写真右側)がドイツ警察当局に明かした内容 …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー