CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

新型エスティマはカッコいい

投稿日:

押し出し感ばっちりで、走りも進化

横から見ると、サイドウィンドウとルーフサイドのデザインがすごくカッコいい。カタログ見てそんな風に喜んでいたのですが実はこれ、旧型と全く同じイメージなんですねぇ。ちょいと小さいだけで、旧型もなかなかええセン行ってたってコト!!


トヨタって、最近デザイン処理が上手になってきました。無理やりボリューム感を演出するんじゃなく、ラインの組み合わせで面の張りや躍動感を出せるようになったんです。これってレクサス効果かなあ。売れてないみたいだけどISとか、なぜか最近格好良く思えるようになってきましたもん。
閑話休題。
新型エスティマ、2.4Lの4WDと3.5LのFFアエラスに乗りましたけど、共通していえるのは、背の高いクルマ特有の”不安定感”がめっきり少なくなったこと。特にFF。ハンドルを切ったときの揺れが、かなり抑え込まれていて不快感がまるでないんです。
頭が揺れることなく並行に移動して、クルマの向きが変わる感じ。オデッセイなんかは、低重心設計とお得意の足回りでそれを実現していたわけですが。エスティマは大きくなっても、旧型より安定感が増した。そこですね、走りのポイントは。
ちなみにアエラスの18インチは、残念ながら履きこなせているとは思えません。スポーツカーですら難しいのにねぇ?注目の3.5リッターエンジンは、まぁ速いっちゃ速いんですけど、要らないかな。ミニバンでもカッ飛んでいたい、やんちゃなパパ御用達。でもさ、こんなんで中年暴走族やられちゃ困るんですけど・・・。
どうせ、これをベースに次のアルファードとか出るわけでしょう?きっと、今のアルファードよりもっともっと押し出しが強くなって、怖い顔つきになって、高速道路の追い越し車線をベンツ顔負けに迫ってくる。ああ怖っ。
性能、確かに向上していますけれど、でっかいミニバンオーナーさんにおかれましては、重量2トンの物体を100km/hで走らせていることをくれぐれもお忘れなきよう。習ったでしょう、物理で。運動量は「速度×重量」なのですから。
そうそう、インテリアが良かったです。2列目シートのゆったり感はなかなかのもん。電動で畳むことのできる3列目シートにもびっくり。こうやって、人間はどんどん退化してゆくんでしょうな。
オススメは、2.4LのFF。フツウのでいいんじゃないでしょうか。オプションなんだかんだ付けていくと、400万円近い値段になってしまいますから

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フランクフルト私的ベスト10

独断と偏見で選んでみました! Part2 前回に引き続き、フランクフルトモーターショーでボクが選んだベスト10の続きです。こうして見ると、やっぱりモーターショーはいいものですね。今月は東京モーターショ …

no image

ブルーバードシルフィに乗った

“ブルーバード”の名前は無くなる? いつの間にやらたいそう立派になりましたね、ブルーバードシルフィ。ブルーバードって言ってるけど、そもそもはサニーの豪華版だったんですから。ブル …

no image

アウディA6がマイナーチェンジ

新エンジンはダウンサイジングでもパワフル アウディブランドの中核となるA6/A6アバントは、いわゆる欧州Eセグメントに属するモデルで、M・ベンツEクラスやBMW5シリーズが直接のライバルである。国産車 …

no image

2代目ホンダインサイトはセダンに変身

快調なスタートを切ったホンダ渾身のハイブリッドカー インサイトに改めて注目すべき新しい技術やコンセプトがあるわけではない。ハイブリッドシステムは、パラレル方式と呼ばれるシビックハイブリッド以来のホンダ …

no image

スズキアルトラパンは制約のなかの優れもの

超実用車なのに遊び心もちゃんと盛り込んできた 軽自動車は、超のつく実用車。だから燃費ももっとがんばってもらいたし、いつまでも生活者の味方でいて欲しい。その一方で、あまりにクルマとして完成度が高くなりす …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー