CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

ヒュンダイグレンジャーに乗った

投稿日:

アジアンテイストは欧米向けか?

最近、韓国では自国の新型車が日本車に似すぎだという批判などが相次いでいるみたいですね。爆発的に売れている新型サンタフェ(インフィニティFXに似ていると言われている)を筆頭に”もう少し韓国車らしいオリジナリティがあってもいいんじゃない”、ということらしい。


まぁお手本の日本車だってかつては真似モノが多かったわけで、そう目くじらたてる必要もない気がしますが、日本市場で売るとなるとそりゃ問題でしょう、やっぱり。似ているが安い、だけじゃ、うーん、買いませんわね、ふつう。
さて、グレンジャーです。
秘密戦隊みたいな名前もどうかなと思いますが、やっぱり何となく日本車に似ていますわな、カタチ。顔はトヨタ系だし、お尻はホンダ系。まあ、リアフェンダーがもっこりしているのはちょっと新しいですけど、それ以外にとりたてて目の肥えた日本人ユーザーを惹きつけるポイントはありません。
でも、きっとね、こういうの、アジアスタイルってことなんじゃないですか。欧米では案外、ウケるんでしょう。XGの後継車です。だから、写真で見るよりけっこうデカい。エンジンはV6の3.3L。全長4.9m級のV6セダンが299万円と聞けば、ちょいとお買い得な気もするんですけど、日産ティアナやトヨタウィンダムあたりを値引きしてもらって買った方が、いろいろラクな気もします。元も子もないんですけどね、そう言っちゃ。
エンジンは元気いいです。音も悪くないし、パワーも十分。けっこうイケてます。直進安定性はなかなかで、きっと速度リミッターもないでしょうから、意地悪な国産車を振り切ることは可能でしょう(笑)。
けど、それ以外に”凄い”ところがない。つまり、グレンジャーじゃなきゃダメだというポイントがないんですね。これはしんどい。
逆に、欠点は散見されます。1つはアシ。17インチタイヤを履きこなせていなくて、とにかく一般路でバタバタと落ち着きがない。なんとなく前が重い気にさせるのも、いまどき古いなあ。10年前の国産FF車という感じ。あと、インテリアのチリ合わせだとか、NVH性能とか・・・。課題はまだまだ多いというべきですね。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

アウディA6がマイナーチェンジ

新エンジンはダウンサイジングでもパワフル アウディブランドの中核となるA6/A6アバントは、いわゆる欧州Eセグメントに属するモデルで、M・ベンツEクラスやBMW5シリーズが直接のライバルである。国産車 …

no image

一回り大きくなったトヨタRAV4

親しみやすいコストパフォーマー 例に漏れず、フルモデルチェンジで随分とでかくなりました! 従来比で、全長+180mm、全幅+80mm、ホイールベース+70mmです。それでも単なるおデブさんに見えないの …

no image

ボルボの安全研究施設視察

クラッシュテストに参加した ボルボといえば”安全”である。受動安全性には不安のあるカブリオレにおいて、ボルボはその安全性をどのように確保しているのか。そのことを確かめるために、 …

no image

最も洗練された”猛牛”、ガヤルドLP560-4

ランボルギーニファンでなくても、開口一番、まずこう尋ねることだろう。 「ところで、新しいガヤルドLP560−4って速いの? 」 それって実は、かなりの難問だ。世の中の99%のクルマより速いという答じゃ …

no image

ブルーバードシルフィに乗った

“ブルーバード”の名前は無くなる? いつの間にやらたいそう立派になりましたね、ブルーバードシルフィ。ブルーバードって言ってるけど、そもそもはサニーの豪華版だったんですから。ブル …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー