CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

新型MLはオフローダー Part2

投稿日:

M・ベンツらしさを得た実力派

前後とも新しいサスペンションが装備されましたが、どんな凸凹道やぬかるみでも立ち往生しないよう、新たに4ESPを採用。これが、グラチェロの電子切替デフ”クォドラドライブ”とほとんど同じ役目を果たす優れものなんですね。つまり、1輪さえ接地していれば、タイヤのグリップ限界を超えない限り前進あるのみ!という超便利クロカンシステム。


ヒルスタートやダウンヒルコントロールも、もうRAV4にもついているぐらいですけれど、もちろん装備しています。
試乗会に用意されていたのは、そのML500オフロードパッケージと、ノーマルのML500、そしてスポーツパッケージ(19インチ)のML350でした。
バランスが良くて、走りの気持ちよさではML350の19インチでしょう。巨体にも関わらずクルマとしての一体感が感じられて、腰高な印象も控えめ。高速クルーズは最高だし、乗り心地も硬いが悪くない。パワーだって十分!最近のM・ベンツの350系はぜーんぶオススメです。
ML500は、まだ古いエンジンのままなんですよね。だからって不満はないのですが、19インチの350に比べて、とびきり高性能という感じがしないんです。動きもちょっと鈍重。特にエアマチック車はばたばた感があって、感心しませんでした。ルックス的にも、350のスポパケ、ええやないですか!
BMW X5の後継作がまだですが、現段階でのニシカワ流ユーロSUVライバル比較を、簡単にやっときましょう。
新しいMクラスは、背の高いM・ベンツが欲しい人へ。Gの乗り味が古くてかなわんという方にも。総合的にみて、ポルシェカイエンやVWトゥアレグよりもクルマとしての満足度は高いです。ただ、カイエンにはあのポルシェに乗るという効し難い魅力がありますし、トゥアレグには長持ちするプレーンな良さがある。質感的には、どうかな、ちょっと負けているかな。今のX5は、オンロードの気持ちよさに限れば、まだまだ現役でしょう。あと、SUVと言っちゃ失礼なレンジ系。こりゃもう、アナザーワールド。アウディの新しいSUVもひっくるめて、もう1段階オトナ。ボクなんか、オトナになりたくないですから、カイエンのV6あたりに乗りたいですけどね!

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ハマー最小モデル、H3に乗った Part1

古き良きアメリカンSUVの味 ハマー兄弟の末弟がいよいよ走り始めました。マニュアルミッションで450万円を切る価格設定、ハマーらしい雰囲気、日本の道にもぎりぎりマッチする現実的なサイズ、など注目点はい …

no image

海外試乗会の舞台裏をご紹介!

イイもんですけど、結構ツライです インターナショナル試乗会とは、一体何か。まあ、簡単に言ってしまえば、新型車お披露目の試乗会なんですが、日本メーカーが日本で日本人向けに行う試乗会と違って、たいがい世界 …

“ちょっと贅沢”なハイブリッドサルーン、トヨタサイ

小さな高級車の庶民版 一連のリコール問題で生産停止にまで追い込まれたサイ(SAI)だが、プリウスよりも”ちょっと贅沢”なハイブリッドサルーンというコンセプトそのものの魅力は未だ …

no image

アウディR8のV10モデルに乗った

ジキルとハイドのような二面性をもったスーパーカー 思い起こせば’03年の東京モーターショーにコンセプトカー、「アウディルマンクワトロ」がやってきたときのこと。そのクルマは、フルLEDヘッド …

no image

トヨタパッソセッテは低価格ファミリィカー

安いのはいいことだが、やや難アリの気配も否めない ダイハツで開発・生産され、トヨタにOEM供給される7シーターのコンパクトカー。ダイハツブランドではブーンルミナスとして販売されている。車名からも分かる …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー