CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

アルファブレラ試乗続編パート3

投稿日:

本音トークのインプレッション

最初に乗った試乗車が、そのハズレV6+18インチだったものですから、えらくがっかりしたものです。足元が重くて、ワクワクするエンジンの盛り上がりもなく、ただただ淡々とテストコースをこなす感じ。エンジニアも、中にはそういうのがあると言ってました。なんでもピニンファリーナ生産ということで、本格生産前のクルマの精度を上げることができなかったとのこと。生産モデルは問題ないようです。


ただ、159には感じられた、V6+Q4の絶妙に面白い走り味は少し影を潜めました。ショートホイールベースになり、ジオメトリーやショック、スプリングそのほかにも微妙に違うチューニングを施した結果なのでしょう。動きの予測がし辛いというか、エキセントリックさに磨きが掛かったというか。馴れるまで時間がかかるような、ちょっと違和感のある乗り味です。これは18インチでマックス、17インチで多少ぬぐわれますが、それでも同じ傾向にあることは否定できません。
比べて、直4FFの17インチは、とってもアルファらしい。身を捩じらせながらも不安ではなく快感をドライバーに与えながら、ヒラリヒラリとコーナーを駆け抜ける。実にアルファらしいFFハンドリングで、古臭いといえばそうなのですが、アルファファンとしては嬉しい限り。
18インチでは、ちょっとFFらしいことがハナにつきます。反力も大きいし。サウンド的にはV6が捨てがたいのですが、直4のシャープな振れ(回転オチは悪いけれど)とトルクノリの良さは、ハズレのV6よりよほど力強く感じられたほどです。パワー的にも十分でしょう。
逆にいえば、V6には以前ほどの、乗り手を挑発する、音を聞くだけで血が滾る、そんな勇ましさは感じられない、ということでもあります。もっとも、そのへんの国産&欧州産V6よりは断然スポーティですけどね!あくまでも、以前のアルファユニットと比べて、です。GTAユニットとかは、ちょっとした財産かも知れませんね。未来のエンスーエンジンでしょう!!個人的には、GTVやスパイダーの3.2V6も、今のうちだとオススメしておきます。
ブレラに話を戻すと、静粛性や乗り心地に関しては、159同様に”これがアルファなのん”というぐらいに、いい。これは素直に喜びたいですね。だって、日頃はストレスというかけしかけられずに乗りたいものですから。日常の非日常がアルファらしかったのかも知れませんが、それじゃアルファは死にゆくばかり。日常性の獲得は急務だったのでしょう。ボクは歓迎します。へたれアルファファンやと指差されようと。
性能面で気になったのは、ブレーキでしょうか。効きはいいけどフィールがね、と相変わらず。でかキャリ仕様ではノーズダイブも大きく、気持ちいい制動ではありません。ま、ロールをしっかり出してコントロールするアルファらしい乗り味ですから、そのへんは合わせてあるのかもですね。
高速安定性も問題なし。ハンドリングにもアルファらしさが残っていて、日常性も手に入れました。そして、何よりもこのカタチ!!ボクは欲しいですよ、素直に。ハッチゲートが開いた黒いブレラのリアは、ちょっとハカイダーみたいだし(古っ!)。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

石油メーカーの地道な環境への取り組み 【前編】

走りながら環境対策につながる 「一般的にエンジン内部は、走れば走るほどカーボンが蓄積します。人間で例えるなら、血管につくコレステロールみたいなイメージでしょうか」と語ったのは、昭和シェル石油の中央研究 …

no image

2代目ホンダインサイトはセダンに変身

快調なスタートを切ったホンダ渾身のハイブリッドカー インサイトに改めて注目すべき新しい技術やコンセプトがあるわけではない。ハイブリッドシステムは、パラレル方式と呼ばれるシビックハイブリッド以来のホンダ …

no image

着せ替えできるプジョー1007

小さくて可愛いだけじゃない、プジョー 1007、面白い存在になりそうですねえ。206シリーズで大ブレークしたプジョーですが、また新しいムーブメントを起こしそう。でも個人的には、あんまり”小 …

no image

スズキスプラッシュが遂に日本上陸

女性がターゲットというがボーイッシュな仕上がり 実を言うと、スプラッシュ、第一印象がとても良かった。初めて見たのは’08年の春、フィレンツェの郊外のスーパーストラーダを走っていたとき。&# …

no image

アウディR8のV10モデルに乗った

ジキルとハイドのような二面性をもったスーパーカー 思い起こせば’03年の東京モーターショーにコンセプトカー、「アウディルマンクワトロ」がやってきたときのこと。そのクルマは、フルLEDヘッド …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー