CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

走れて、使えて、広いラクティス

投稿日:

いずれはワンメークレースも開催?

2世代目ヴィッツの変り種第1弾。写真で見たときには、ノートのトヨタ版かと思っていたが、現物はさにあらず。どちらかと言えば、ハイトワゴンを無理やりノート風に見せたって感じ。


実際、コンセプトは、広々室内&荷室だけれどスポーティなルックスで走りもいい、みたいな欲張り系。だから?って思わず聞きたくなったけれど、ワンメークレースをしたい、って商品企画担当の方が半ば本気でおっしゃっていましたから、走りには結構な自信がある様子。
で、乗ってみなきゃ判らないもんですな。走り、けっこう面白かった!
特に、パドルシフト7速モード付きCVTの1.5。スポーツ仕様まで用意されていて、こんなクルマでパドルシフト楽しめるかい、って思って乗り始めたけれど、富士スバルラインをちょっと攻め込むと、あら、パドルシフト、けっこう使っているじゃない、オレったら。あはは。
背の高さをそれほど感じさせず、不安感もない。そんな走りしなくっても、という場面でも動きがシンプルで扱いやすい。なんというか、マトモ。
CVTのマニュアルモードだって、ダイレクト感をしっかり演出していて、段替えも速い。CVTをスポーツに乗るという可能性が見えてきた。日産もエクストロイドCVTを次期GT‐Rに積んでみたらいいのに・・・。けっこう楽しいかもよ。
えーっと、ラクティスだっけ。もうね、名前多すぎで覚えられないよね、このセグメント。30や40はあるんじゃない?そのうち半分ぐらいトヨタな気もするし。
売れると思いますよ。顔つきも売れセン。けれど、インパネデザインはけっこう好みが分かれるんじゃないかな。特に女性には???丸いダッシュって悪い先例もありましたから。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

プジョー308SWはモダンプジョーの表れ

SWを選ぶのがプジョーらしさを満喫できる早道 個性的なスタイリングや、いわゆるネコアシに代表される走りのテイストだけがモダンプジョーの魅力ではない。他のモデルには無いユーティリティの高さも挙げておきた …

no image

2代目になったシトロエンC5

ハイドラクティブサスペンションシステムは全車標準 シトロエンラインナップのミッドレンジを受け持つC5シリーズ。C5としては2世代目に当たる。シトロエン・プジョーPSAグループにおける最大の乗用車用FF …

備えあれば憂いなし、水没から愛車を守る!

アメリカではハリケーンが立て続けに南部を襲い、100万台が水没したのではないか、と噂されています。風が吹けば桶屋が儲かる、と言っていいのかわかりませんが、自動車の買い替え需要が旺盛になる、と前向きな意 …

no image

全部乗って判ったGSベストバイ

GS主要グレードにイッキ乗り さあ、みなさんおまちかね(だよね??)、注目のGS試乗記です。

抽選ハズれた某フェラーリコレクター

インスタグラムで71万人以上のフォロアーを集めている、アメリカ・カリフォルニア州のデイビッド・リーさん。いわゆる、ひとつの“インフルエンサー”と呼ばれる人で、アカウント名「ferraricollect …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー