CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

本日からIS発売開始!

投稿日:

これこそがレクサスの真髄

今回は長文ですが、お付き合いください。だって3番目の”刺客”ISシリーズこそ、日本におけるレクサス成功の鍵を握るクルマなんですから。レクサスの里帰りが決まり、クルマ造りから”日本のレクサス”に相応しいものに仕上げるという心意気で造られました。SCはソアラでしたし、GSも最初はアリスト後継ではじまっていますからね。


そのことは、デザインを見れば一目瞭然!Lフィネスと称されるデザインコンセプトがもっとも如実に現れているのがISです。車格も、ヨーロッパ風に言えば、堂々の最新Dセグメント。アルテッツァ後継なんて、口が裂けても言えません。
レクサスは、クルマだけでなく購入からアフターに至るサービスまでを含めた、包括的な満足度を引き上げることでブランド力をつけようとしています。そこが、他の高級輸入ブランドとの違い。逆にいえば、ハードだけで云々しないで、という風にもとれます。クルマ単独勝負じゃないですよ、と。
とはいえ、クルマそのものが良くてはじめてサービスが生き、そしてブランドは育つもの。やっぱり”いいクルマ”じゃないといけません。
以前に北海道のテストコースで乗ったときは、期待はできるけれど未完成、な状態でした。特にリアサスペンションの動きやブレーキフィールの印象が悪かった。それがどう熟成されたか。大いに期待して、試乗会会場の伊豆サイクルスポーツセンターに向かいました。
結論。想像以上にいいクルマに仕上がっていましたね。
全体的に各性能のレベルがあがったせいで、大人しく感じてしまうぐらい。特に、17インチ仕様。乗り心地も全体的によく、とがったところがなくなって、非常に素直なクルマに仕上がっています。飛ばせば飛ばしたで、挙動がつかみやすく、それゆえコントロールしやすい。つまり、楽しめる。それほど腕に自信がなくとも。
最高なのは、3.5Lエンジンです。これだけは北海道でも関心したのですが、市販モデルになって、いささかのマイナスもありません。
直墳ユニットの良さ=低回転域における扱い安さを損なわずに上までしっかり回って、しかも高回転域でパワフルなことといったら!空気を気持ちよく吸っている風のエンジン回転フィールもすこぶるつき。これ、アルファとかに供給してくんないかなあ?。
クルマのバランスとしては、IS250ノーマルで十分。全域で扱いやすい。350は免許がなくなりそうなぐらい速いですから。
18インチ仕様には少々不満があります。ハードブレーキング時の最後の最後、停まる直前の前輪のばたつきが気になりましたし、やっぱりタウンスピード(50km/h前後)で硬く、タイヤのパターンノイズもうるさい。
それぐらいかな、性能面での不満は。もっとも、パトカーが多くて、それほど走りこめなかったのですが・・・。長距離とかも走ってみないと、BMW3シリーズあたりとの比較はできませんね。現時点での印象でいうと、それでも3シリーズが上でしょう、まだ。
個人的にDセグメントに順番を付けたなら、
1:アルファロメオ159
2:BMW3シリーズ
3:レクサスISシリーズ
4:M・ベンツCクラス
5:プジョー407
6:アウディA4シリーズ
なんて感じでしょうか。どれも僅差。グレードによっては逆転な感じではありますが。
性能面以外で、注文があります。それは、インテリアの質感。GSやSCと違って、ハンドルはすごくいい。形状や触感が素晴らしい。手に馴染むという感覚があります。
ところが、ダッシュやドアトリムの質感が、特にマルチトーンカラーの場合によろしくない。黒一色ならなんとかごまかせるのですが。メタル調センタープレートも×。個人的には、ウッドパネルの方がよっぽど良かったですね。そうそう、ボクはウッドパネルが大好きなのです。ウッドというとすぐに批判したがる人が多いのですが・・・。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ザフィーラの燃料電池車に乗った

水素で走る環境に優しいクルマ開発中 新型ザフィーラの試乗は前回お届けしたとおりですが、試乗会では旧型ザフィーラベースの燃料電池車、ハイドロジェン3に同乗試乗させてもらいました。

no image

2代目日産ムラーノに乗ってきた

初代の出来映えが良かっただけに、残念 4年でモデルチェンジは通常のサイクルだが、SUVスペシャリティカーとしては、「え? もう? 」という気がしないでもない。実際、初代ムラーノのデザインは決して陳腐化 …

“ちょっと贅沢”なハイブリッドサルーン、トヨタサイ

小さな高級車の庶民版 一連のリコール問題で生産停止にまで追い込まれたサイ(SAI)だが、プリウスよりも”ちょっと贅沢”なハイブリッドサルーンというコンセプトそのものの魅力は未だ …

no image

アルファロメオブレラ国際試乗会

イタリアからお届けしています! モーターショーでなんども見たブレラなんだけど、外で見るといっそう格好いいんだ。なぜだろう?ラインがくっきり見えてよりマッシブに見えるからだろうか。ボリュウム感もあって、 …

no image

新型Sクラスは最上セダン

どこまでも信頼してドライブできる 東京モーターショー前に発表されて以降、12月初旬までの時点でなんと3200台を受注するという猛烈な人気を誇っている新型Sクラス。しかもお値段1600万円の300台限定 …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー