CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

レクサス店に行ってみた

投稿日:

気になるレクサス開業初日・・・

開業初日の都内某店を覗いてみることに。開店早々にやってきたのはプジョー307CC。ひょっとしてお向えのプジョーさんへきたついで?(どこのショップのぞいたか、わかりますかね?)しかも、こんな朝早くから・・・。出勤前のお店の人だったりして。


平日だというのに、その後も続々。以下、入っていったクルマを順に列挙すると、
10時まで;プジョー307cc、クラウン、BMW3シリーズ、センチュリー、クラウン、セルシオ、クラウン、シーマ、プログレ・・・。とまあ、なんか
開店祝いで駆けつけた関係者って風情で、新しい客が来ているようには思えないな。
13時まで;オペルべクトラワゴン、アリスト、ソアラ、古いBMW5シリーズ、ウイッシュ、M・ベンツEクラス(W124)、BMW3シリーズツーリング、アウディA6、マークX
ここでようやくドイツプレミアム御三家揃い踏み。こういうお客さんにきて欲しいんでしょうね、まずは。
15時まで;センチュリー、マークX、BMW5シリーズ、プリウス、アリスト、ジャガーXJシリーズ、アリスト、パサートワゴン、プラッツ、パサート、eKワゴン、セルシオ、オデッセイ、アベンシスワゴン、M・ベンツEクラス、アコード、スクーター(おっちゃん)、M・べンツAMGCLKカブリオレ、M・ベンツMクラス、バイク(750cc)、クラウン、ウインダム
アリストとドイツブランドが目立ってきました。
17時まで;VWゴルフワゴン、セルシオ、BMW5シリーズ、ボルボV70、クラウンマジェスタ、M・ベンツSクラス、M・ベンツSクラス、アリスト、スマートフォーツー、アリスト、チェイサー、フィールダー、ディアマンテ、BMW5シリーズ、セルシオ、ステップワゴン(ヤンキー仕様)、ボクシー(ヤンキー仕様)、スカイラインクーペ(シャコタン)、ウインダム、セルシオ、エスティマ
冷やかし半分な人も多くなってきたようです。面白いことに、トヨタ車以外の国産車があまりいない。どうなんでしょうね、トヨタの高級系な人は堂々と来れるけど、他国産系はこれないのかしら。ガイシャ乗りは、割と”いっちょもんだろか”ぐらいの気持ちでがんがん乗り付けている感あり。
18時まで;ボルボ850ワゴン、M・ベンツEクラス、ブレビス、アリスト、ラグレイト、セルシオ、フィールダー、M・ベンツSL、ハリヤー、ソアラ、クラウンマジェスタ、ポルシェ911(997)
アリストのユーザーはきっとGSに乗り換えるのでしょう。これもまた堂々と。ブレビスやウィンダム、プログレ、マークX、普通のクラウンあたりに乗っている近所の”本当”の金持ちが買ってくれると、レクサスにも独自のブランド感が出ていいと思います。ベンツやBMW乗っている人、とるんじゃなくて。
というわけで、輸入車ユーザーが、物見遊山もあるでしょうが、たくさん来ていたのは予想通りなんでしょうね。レクサスには。
次回はショールームで商談編??だんだん”試乗会”じゃなくなってきたけど、レクサスは特別ですから。なんといってもクルマ業界今年最大のニュース。特別にきっちり追いかけてみますんで・・・。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高級住宅地の道路が私人の手に渡った?!

1948年まで白人専用高級居住地区だった、アメリカ・サンフランシスコ近郊のプレシディオ・テラス。Googleストリートビューで見ればわかるように・・・、今でも豪邸40軒が立ち並ぶ高級住宅地です。ゲート …

石油メーカーの地道な環境への取り組み 【前編】

走りながら環境対策につながる 「一般的にエンジン内部は、走れば走るほどカーボンが蓄積します。人間で例えるなら、血管につくコレステロールみたいなイメージでしょうか」と語ったのは、昭和シェル石油の中央研究 …

no image

2代目になったシトロエンC5

ハイドラクティブサスペンションシステムは全車標準 シトロエンラインナップのミッドレンジを受け持つC5シリーズ。C5としては2世代目に当たる。シトロエン・プジョーPSAグループにおける最大の乗用車用FF …

レクサス初のハイブリッド専用モデルHS250h

ある意味日本初の小さな高級車 レクサス初となるハイブリッド専用モデルがこのHS250hだ。レクサスのハイブリッドといえば、これまでにもGS、LS、RXで展開されてきたが、いずれもガソリンエンジンバリエ …

マイクロタービンがEVで活躍するのか?!

飛行機のエンジンは翼に付いているもの以外で、胴体後ろにAPU(補助動力装置)というマイクロタービンがあります。APUはメインエンジンを起動するために必要な圧縮空気の供給、また駐機中における各装置(エア …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー