CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

SCの唯一無比な楽しみ方発見!

投稿日:

注目の試乗会は京都で開催された

レクサス試乗会のスタート地点は京都は南禅寺。新幹線で京都までゆく。大学生活を送った街だ。心がはやる。京都にいたるまでは、なぜか苦労した。そこいらへんの顛末記はまた後日!


南禅寺からGSに乗せてもらって比叡山のオーベルジュホテルへ。ロテル・ド・比叡。フレンチで割かし有名な場所なんだけど、昼食はビュッフェスタイルで15時までOKというし、ビュッフェはあまり好きじゃないし・・・。
先にクルマに乗ろう、っと。
真っ先に向かったのはSC430。イエローグリーンが鮮やかな試乗車に目をつけていた。欲しい色だからだ。
どうしてGSじゃなくSCからなの?って不思議に思われる方も多いと思う。これは相当に個人的な思い入れだけど、レクサスにふさわしいラインアップはGSでもISでもなく今はSCだと思っているから。だってさ、他の2台はやっぱりトヨタ臭が残っているじゃない??SCこそ、ホンマモンのレクサスだああ、って思うわけよ。
ところがどっこい。SCって、見た目は相当に洒落てて、未だに新鮮でいいんだけど、乗るとなんだか???だった。ソアラのときも相当にダメだったけど、足イジってちょっとマシになったかなという程度。だって、セルシオほどV8の力強さやスムースさを感じないし、何よりフロントサスの動きというかマナーが安っぽいし、フィーリングも古い。仕方ないのかな。乗ってて楽しいクルマじゃないことは確かだなあ。
ハタと気づいた。楽しいオープンカーに乗りたければロードスターを買えばいいわけで、SCの魅力はそんなことにないはずだ、と。
じゃ、魅力はいったい何かな?、っていろいろ試してみたんだけど、高速直安性はイマイチでしょう、街中の乗り心地だって古いでしょう、スタイルを鑑賞するっていってもソアラでしょう、あらら、あれだけ期待していたのにこのザマはないよな、って落胆しかけていたが!
ありましたよ、魅力。すっげー、いいとこ。他のツルシのクルマでは絶対に味わえないかもな世界。それは何かと言うと、オープンにして窓も下ろしてオーディオをフルボリュウムにして走るっていう、乗り方。
音楽は、できればクラシックの、かといってオーケストラとかじゃなく、楽器が3つ4つの、ちょいと静かでメローなやつがいい。ひとつひとつの楽器の音が聞こえて、胸にジンとくるような音樂。それをめいっぱいボリュウムあげて聞く。
するとドウダ!マークレビンソンから聞こえる音は、空が見えているにも関わらず、まるで室内にいるように澄んでいる。野外コンサートなんだけど、音は屋内風という理想のリスニングシチュエーション。これって、初体験かも。
風を感じながら、音楽で遮断された空間を味わって走る。そのために買っていいクルマだと思いましたね、SCは。
ちなみに、ランフラットとそうでないのとを乗り比べたけれど、SCに関しては、ランフラットの硬さなどは気にならなかった。シャシーが不出来なことが逆に幸いした??前よりは確実に良くなっていますけれどね。
なんやかんやとけなしてますが、ホントは欲しかったりする。クルマってカタチとか雰囲気命のとこってあるからかな。ソアラよりも一段といい雰囲気になったという点でも、レクサスにした甲斐があったというものかも。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハイブリッドも、そうでないクルマも進化中

省エネであることが低燃費につながる ハイブリッドカーに採用されている技術はすべてが専用開発されたもの、というわけではありません。従来の内燃式エンジン搭載車で培った技術、そしてハイブリッドカー専用に開発 …

no image

2代目ホンダインサイトはセダンに変身

快調なスタートを切ったホンダ渾身のハイブリッドカー インサイトに改めて注目すべき新しい技術やコンセプトがあるわけではない。ハイブリッドシステムは、パラレル方式と呼ばれるシビックハイブリッド以来のホンダ …

no image

アウディR8のV10モデルに乗った

ジキルとハイドのような二面性をもったスーパーカー 思い起こせば’03年の東京モーターショーにコンセプトカー、「アウディルマンクワトロ」がやってきたときのこと。そのクルマは、フルLEDヘッド …

no image

VWティグアンは小さくても本格SUV

タイガーとイグアナを足したネーミング ヨーロッパ市場では今、コンパクトSUVが人気だ。このカテゴリーを広めたのはホンダCR−VやトヨタRAV4といった日本車だったが、トヨタハリアー(レクサスRX)やラ …

no image

走れて、使えて、広いラクティス

いずれはワンメークレースも開催? 2世代目ヴィッツの変り種第1弾。写真で見たときには、ノートのトヨタ版かと思っていたが、現物はさにあらず。どちらかと言えば、ハイトワゴンを無理やりノート風に見せたって感 …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー